岸田理生アバンギャルドフェスティバル リオフェス2024参加作品

くぐつ語り 終の栖・仮の宿~川島芳子伝~


「男装の麗人」と聞いて「川島芳子」という名前が結び付くだろうか。
ラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」の血族として生を受けながら、日本人の養女として育ち、一族の宿願である清朝の腹壁を渇望しつつも果たせず、戦後は日本のスパイとして中国国民党に銃殺された”川島芳子”の数奇な人生。
1988年の初演時「紀伊国屋演劇賞」を受賞した本作は、岸田理生の傑作戯曲である。

10人以上の人物が登場する本作を、昨年は京都「芦見谷芸術の森」で、4人の俳優のみによって、朗読公演として上演したが、今年は6人の俳優と、オーストラリア・アボリジニの楽器「ディジュリドウ」の演奏を加えて、演劇公演バージョンとして上演する。

リオフェス2017参加作品「宵待ち草」(@こまばアゴラ劇場)以来の東京公演となるおででこ。
おででこ東京時代の真摯なクリエイションに度々参加した経験を持つ、信頼厚い俳優陣たちが結集した。また会場の「絵空箱」は、おででこ第一作目、2011年「読む小泉八雲」と、2012年「僕らの神話2012年に読む古事記フルコトブミ」を上演しているが、10年以上の時を経て、今年3たびの「絵空箱」という空間とのコラボレーションもとても楽しみである。
原作タイトルにはない「くぐつ語り」があえてつけ加えられているのも見どころである。
チラシ表

「くぐつ語り 終の栖・仮の宿-川島芳子伝」

・出演 山谷勝巳 知野三加子 山岡弘征 本庄由佳 須川弥香 南雲康司(ディジュリドゥ演奏)

・作 岸田理生
・上演台本・演出 須川弥香
・舞台監督・舞台美術 大野耕治
・受付・制作 神崎ゆい

・会場 PerformingGallery&Cafe絵空箱
 東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
 (有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

公演日程画像2024-05-08








・料金 前売り券4500円 当日券5000円(1ドリンク付)
・予約 カンフェティ https://torioki.confetti-web.com/form/3090

・主催:おででこ

・共催:理生さんを偲ぶ会 岸田理生アバンギャルドフェスティバル実行委員会

・協賛:PerformingGallery&Cafe絵空箱

・協力:芦見谷芸術の森 theatrical factory office force 劇団 S.W.A.T!




チラシ浦



岸田理生没後20年を経て、時代を巡り、新たな岸田理生世界の幕が開く 
岸田理生アバンギャルドフェスティバル リオフェス2024 全ラインナップ

omote4x
ura4x