おででこ公式サイト

自由な身体性から発する台詞の探求。”大胆で繊細” ””懐かしく新しい” ”和的で無国籍” しばしば反する二つの言葉で評される作風。ミニマムな舞台美術の中では、人間存在そのものが際立つ。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始。自然と演劇の効能、物質よりも大切な何かを、探求している。

タグ:須川弥香

いよいよ今週11月10日(日)開講です。「戯曲を声に出して読んでみようLet'sシェイクスピア続編」第一回目からのリピーターさんがかなりいらっしゃるとのことで嬉しいです。そして年齢層も10代から70代までと大変幅広いとのことで、これも嬉しいですね~今回はどんなワークシ ...

※12月20日(木)最終会受付中!第10回12月20日(木)は喫茶フィガロ冬の文化プログラムとなります。見学のみの参加も受け中。今年三月から始まり、月一回で開催して来た戯曲を読む会。毎月ご参加頂いているレギュラーの方に加え、平均2.3人のニューメンバーが加わり、上は70 ...

テアトロ10月号に今年のリオフェスの記事が掲載されました。リオフェス in Kyoto「宵待草」@芦見の森********************2017年7月31日・記芦見の森に宿るアートな神様はパフォーマンスが大好きらしい?!台風であやしかった空模様ですが、3日間無事に ...

おででこの「楽屋」『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』作○清水邦夫演出○須川弥香出演○須川弥香 Ash 塚本千代 山下舞【公演日時】5/5(木) 18:005/6(金) 14:005/7土)18:00※ 受付開始は開演の40分前、開場は開演の15分前です。燐光群アトリエの会「楽屋」フ ...

須川弥香 Mika Sugawa京都市出身俳優・演出・日本演出者協会会員おででこ 主宰芦見谷芸術の森 支配人演劇略歴13歳、ミュージカル劇団の北海道ツアーで、体育館での舞台設営や舞台転換など、裏方の仕事を体験しつつ、アンサンブルとして初舞台。事務職の正社員勤務をしな ...

↑このページのトップヘ