おででこ公式サイト

自由な身体性から発する台詞の探求を続けている。ミニマムな舞台美術の中で際立つのは、人間存在そのもの。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始し、毎年同地で舞台芸術祭を開催。自然と演劇の恵みを、もっと多くの人々に伝えたいと活動中。

タグ:岸田理生

2016・17年と参加した「岸田理生アバンギャルドフェスティバル」に今年三たび参加します。「朗読~岸田理生 怪奇幻想の世界~」「最後の子」 子供が生まれなくなった近未来の日本をSF的な視点でとらえた小説。発表されたのは1978年で、今から半世紀近くも前です。21世紀も22 ...

テアトロ10月号に今年のリオフェスの記事が掲載されました。リオフェス in Kyoto「宵待草」@芦見の森********************2017年7月31日・記芦見の森に宿るアートな神様はパフォーマンスが大好きらしい?!台風であやしかった空模様ですが、3日間無事に ...

↑このページのトップヘ