おででこ公式サイト

自由な身体性から発する台詞の探求。”大胆で繊細” ””懐かしく新しい” ”和的で無国籍” しばしば反する二つの言葉で評される作風。ミニマムな舞台美術の中では、人間存在そのものが際立つ。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始。自然と演劇の効能、物質よりも大切な何かを、探求している。

カテゴリ:公演情報

『屋上で観劇三昧』無事に終演いたしました。応援有難うございました!今年のアシフェスで初演した「森でシェイクピア」を、「屋上でシェイクスピア」として再演。グンと成長した作品をお届け出来ました。晴天に恵まれ、日差しは暑いくらい。しかし、屋上の強風はなかなか厳 ...

「珈琲店で戯曲を読む会」も参加します。第40回記念Kyoto演劇フェスティバル〈公募公演プログラム〉『岸田國士一幕劇集ヲちょっと混ぜ』作:岸田國士構成・演出:須川弥香出演:有松有里、浦賀わさび、延命聡子(中野劇団)   應地晴香、岡山友美、タミー、辻智之、ノブ、 ...

gate#16「あたしたちの生涯で一番幸せな日」12月15日、16日全4ステージ終了いたしました。応援有難うございました。人間が集まって集団で創作していく過程では色々と起こります。今回も色々と有りましたが、公演当日はKAIKA、 gateのスタッフチームにがっちり支えていただき ...

喫茶フィガロ冬の文化祭参加! フィガロ公式ページ→http://figaro.main.jp/京都移転後初公演無事に終演。お客様は小学生の姉妹から70歳代のご夫婦まで様々な年代に渡り、皆さんの集中力と好奇心が澄んだエネルギーとなって、喫茶公演という日常の空間に、あの日確かに出現 ...

テアトロ10月号に今年のリオフェスの記事が掲載されました。リオフェス in Kyoto「宵待草」@芦見の森********************2017年7月31日・記芦見の森に宿るアートな神様はパフォーマンスが大好きらしい?!台風であやしかった空模様ですが、3日間無事に ...

↑このページのトップヘ