おででこ公式サイト

自由な身体性から発する台詞の探求を続けている。ミニマムな舞台美術の中で際立つのは、人間存在そのもの。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始し、毎年同地で舞台芸術祭を開催。自然と演劇の恵みを、もっと多くの人々に伝えたいと活動中。

演劇とは俳優の芸術。自由な身体性から発する台詞の探求を続けている。ミニマムな舞台美術の中で際立たせたいのは人間存在そのもの。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始し、毎年同地で舞台芸術祭を開催。自然と演劇の恵みを、もっと多くの人々に伝えたいと活動中。

須川弥香 Mika Sugawa京都市出身俳優・演出・日本演出者協会会員おででこ 主宰芦見谷芸術の森 支配人演劇略歴13歳、ミュージカル劇団の北海道ツアーで、体育館での舞台設営や舞台転換など、裏方の仕事を体験しつつ、アンサンブルとして初舞台。18歳、事務職の正社員とし ...

◎芦見谷空間造り第三弾!参加者募集中~      ★期間4/15(金)-17(日)  15日、13時から開始する説明会に間に合うようにお越しください。   ★募集詳細は、ブログの最後↓↓↓◎芦見谷沿いの動画。 約4分のワイルドロード。   https://www.youtube.com/wa ...

一日限りの再演!「燈籠」「待つ」「葉桜と魔笛」「貨幣」            太宰治の短編小説「燈籠」「待つ」「葉桜と魔笛」「貨幣」を三人の女優でコメディ芝居に立体化太宰治はスキャンダルにまみれて最後は愛人と自殺した作家です。もうこの一文だけであまり彼の ...

手書きの看板が薪の山に設置され   受付も手作り感満載数日前から朝は氷点下になる芦見谷。この日も午前中はかなりの寒さ。温かいお茶と芦見谷名物パウンドケーキが観客の到着を待ち受けます。お客様は、芦見谷野外劇場小屋主、須川しんいち まさこの友人知人、お世話にな ...

◆第二回空間作りの締め切りは本日でしたのでこれで締め切らせて頂きます。ですがなんと!この期間中に、今月川崎での「おででこ太宰」作品のうち、「燈篭」と「葉桜と魔笛」を芦見の小屋の屋外デッキで上演することに決定しました!◆おででこ初の芦見谷上演会11/29(日)  ...

↑このページのトップヘ