おででこ公式サイト

自由な身体性から発する台詞への探求。大胆で丁寧 懐かしく新しい 和的で無国籍 反する二つの言葉で評される作風。ミニマムでシンプルな舞台美術の中では、演じる者の存在と表現力が際立つ。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始。自然と演劇の効能、物より時間の豊かさを、広く観客と共有したいと活動を展開中。

★「珈啡店で戯曲を読む会」※参加申し込み受付中!
日程:7月12日(木)8月23日(木)9月20日(木)以降は未定
お申し込みは→ http://figaro.main.jp/yomukai/yoyaku/
★公演参加者募集中!「珈啡店で戯曲を読む会」参加者有志により公演を行います。本番日程:10/13土・14日(ワークインプログレス) 2月初旬から中旬(本公演)詳細下記https://www.facebook.com/%E7%8F%88%E5%95%A1%E5%BA%97%E3%81%A7%E6%88%AF%E6%9B%B2%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E4%BC%9A%E5%B2%B8%E7%94%B0%E5%9C%8B%E5%A3%AB%E7%B7%A8-1478047805634112/?modal=admin_todo_tour

「自由なからだの獲得」「そのからだから発話する確かな技術」をテーマに、昨年11月から始まったワークショップの発表会です。各々の課題で一人芝居に挑戦します。日時◎3月12日(日)開演◎14:00 ( 開場は開演の30分前です)会場◎王子区民センター内 王子ふれあい館3階第 ...

皆さま、明けましておめでとうございます。写真は2016年大晦日の芦見谷芸術の森です。夏には、草が伸び放題だった小屋の前庭、あんなに悩まされた虫たちも、蛇もトカゲも生き物の気配がすっかり途絶えて、山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば小倉百 ...

11月から2月までの4か月間。おででこワークショップを開催します。講師:おででこ演出「須川弥香」毎週土曜日の午後。1:30-17:00場所は、北区周辺の稽古場この秋冬のテーマは、「自由なからだの獲得」「そのからだから発話する確かな技術」4か月間の目標:各々一本一人芝居 ...

【観客アンケート有り】2016年8/28(日) 芦見谷野外シアターこけら落し 主催:世界芦見谷化計画実行委員会/おででこ                12:00Open12:00-14:00京都清水焼「ろくろ体験」14:30パフォーマンス開始①『The Mysterious DEATH』(不思議な死神 ...

各所での情報と重複しますが・・・2015年夏から始まった、おででこ、京都京北芦見谷のプロジェクト。スタートから一年経たずに野外ステージが完成しました! 正真正銘手作りのステージです。これも、ご協力、ご賛同いただいた皆様お一人お一人のご尽力のお陰と、心より御礼 ...

↑このページのトップヘ