おででこ公式サイト

自由な身体性から発する台詞の探求。大胆で丁寧 懐かしく新しい 和的で無国籍 反する二つの言葉で評される作風。ミニマムでシンプルな舞台美術の中では、人間存在そのものが際立つ。2015年より京都市右京区京北芦見谷の何もない山の中に野外ステージ造作を開始。自然と演劇の効能、物資よりもっと大切な何かを、広く観客と共有したい。

★「珈琲店で戯曲を読む会」参加者有志により公演を行います。
2019年2月16日Kyoto演劇フェスティバル参加Facebookページ→http://ur2.link/KQuG

喫茶フィガロ冬の文化祭参加! フィガロ公式ページ→http://figaro.main.jp/京都移転後初公演無事に終演。お客様は小学生の姉妹から70歳代のご夫婦まで様々な年代に渡り、皆さんの集中力と好奇心が澄んだエネルギーとなって、喫茶公演という日常の空間に、あの日確かに出現 ...

テアトロ10月号に今年のリオフェスの記事が掲載されました。リオフェス in Kyoto「宵待草」@芦見の森********************2017年7月31日・記芦見の森に宿るアートな神様はパフォーマンスが大好きらしい?!台風であやしかった空模様ですが、3日間無事に ...

応援宜しくお願いします。★芦見谷芸術の森、クラウドファンディングに挑戦中!GWイベント「@芦見谷芸術の森」終了しました。応援有難うございました。ピースリーディングの出演者決定!ここに来て豪華メンバー勢ぞろいで、主催者は嬉しくてくらくらしています知野三加子( ...

「自由なからだの獲得」「そのからだから発話する確かな技術」をテーマに、昨年11月から始まったワークショップの発表会です。各々の課題で一人芝居に挑戦します。日時◎3月12日(日)開演◎14:00 ( 開場は開演の30分前です)会場◎王子区民センター内 王子ふれあい館3階第 ...

皆さま、明けましておめでとうございます。写真は2016年大晦日の芦見谷芸術の森です。夏には、草が伸び放題だった小屋の前庭、あんなに悩まされた虫たちも、蛇もトカゲも生き物の気配がすっかり途絶えて、山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば小倉百 ...

↑このページのトップヘ